大奥でお知保が側室に!実在モデルは跡継ぎを出産したことが判明

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
大奥お知保側室

大奥でお知保が家治の側室になりました。

お知保が側室になったことで、更なる波乱が生まれそうですね。

調べたところ、お知保には実在モデルがいたことが発覚。

また、跡継ぎを出産したことも判明しました。

今回は、大奥でお知保の実在モデルや出産した子どもについて調査しました。

スポンサーリンク
目次
大奥
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a9852240688c53bc9a186f70b19026fbd3896c8より引用

大奥で森川葵さん演じるお知保が側室になりました。

振り返ってみると、第1話から家治の側室の話が度々出ていました。

そして、第3話でお知保が側室になります。

実は、お知保が側室になる可能性は、第1話から予想されていました。

お知保が側室になると予想した理由は・・・。

  • 家治に『お知保』という側室がいた
  • 松島の発言

これらの理由から、お知保が側室になると予想していました。

側室の名前がお知保

史実を調べると、家治には側室がいたことが判明しました。

家治には、2人の側室がいたそうです。

そのうちの一人の名前が『お知保』でした。

同じ名前の側室がいたことから、大奥でもお知保が側室になる可能性が高いと予想しました。

松島の発言

大奥の第1話で、松島とお知保が内密に話をしてるシーンがありました。

そのシーンで、松島がお知保の働きぶりによってり側室に推薦すると発言。

お知保は、松島との約束で倫子に嫌がらせを始めます。

松島にとって、お知保は都合の良い存在です。

そのため、家治が側室をとる場合は推薦される可能性が高いと予想しました。

お知保が側室になったのは、史実通りの展開でした。

しかし『大奥』は、フィクションドラマです。

全て史実通りという訳ではありません。

そのため、今後は史実と異なる展開になることもあるかもしれませんね。

今後の展開が明らかになりましたら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

大奥
https://www.oricon.co.jp/special/66389/より引用

大奥のお知保役には、実在モデルは存在するのでしょうか?

史実を調べてみたところ・・・。

お知保に実在モデルがいることが分かりました。

大奥のお知保の実在モデルと考えられるのが『蓮光院(れんこういん)』です。

蓮光院は、家治の子どもを出産。

そして、生まれた子どもが男児だったことも判明しました。

そんな蓮光院の史実をご紹介したいと思います。

蓮光院の史実

蓮光院は、1737年12月6日に津田宇右衛門信成の家に生まれます。

この時の名前は、蓮光院ではなく『お蔦(おつた)』でした。

当時、お蔦の実家は貧しかったと言われています。

経緯は不明ですが、お蔦は関東郡代の伊奈忠宥の養子となりました。

そして、1749年にお蔦は家重の御次として仕えることに。

大奥に入ったのは、12歳の頃だったそうです。

その間、名前を『お蔦』から『お知保』に変えました。

大奥に入って2年後、1751年にお知保は家重の御中﨟に昇格。

御中﨟として、家重の身の回りの世話をしていました。

家重の死後、お知保は家治の御中﨟に

家治とお知保は、同じ年だったそうです。

家治の御中﨟になった一年後、お知保は御中﨟から家治の側室に。

そして、1762年に家治にとって長男となる男児を出産

この時に産まれた子どもが、のちに将軍世子となる家基でした。

家基は、産まれて間もなく倫子の養子となります。

倫子が亡くなるまで、家基は倫子のそばで育てられました。

倫子の死後、お知保は『御部屋様』と呼ばれ大奥で最上位の存在に

家基は、将来将軍になることが期待されていた人物。

そして、お知保は将軍の母となると考えられていました。

しかし、家基が18歳の時に急死します。

家治の死は、暗殺なのか病死なのか原因が分かっていません。

実の息子を失ったお知保は、とても辛かったはずです。

そして、息子の死から7年後に家治も死去します。

家治の死後、お知保は落飾。

『蓮光院』という名で静かに余生を過ごしました。

そして、1791年に55歳で蓮光院は死去しました。

大奥と史実との違い

史実だと、お知保は家治の御中﨟だったことが判明しました。

『大奥』では、お知保は倫子の御中﨟なので、史実と異なりますね。

また、史実ではお知保が松島と手を組んでいたという記載はありませんでした。

そのため、これもドラマのフィクションである可能性が考えられます。

しかし、大奥は妬みや恨みが多く存在していた場所。

もしかしたら、倫子とお知保の間にも何かあったのかもしれませんね。

今後、新たに史実との違いがでてきたら、追記させていただきます。

大奥でお知保は側室になるのかや実在モデルについて調査しました。

調査結果

  • お知保の実在モデルは、蓮光院
  • 蓮光院は、家治の子どもを出産
  • 男児が生まれ、のちに将軍世子となった

以上のことが分かりました。

史実では、お知保は家治の子どもを授かっています。

その子どもは家基と呼ばれ、のちに11代将軍になると期待されていた人物でした。

幼少期、家基は倫子の養子となり育てられ、倫子の死後にお知保は家基の母に。

将軍の母となると思われていた矢先、家基が急死。

お知保は、息子を亡くしてしまいました。

自分の子どもを育てられず、そして早くに亡くしてしまうなんて悲しすぎますね。

ドラマでは、どのように描かれるのでしょうか?

大奥の今後の展開が楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、まると申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次