宮沢氷魚は歌上手いor下手?評判まとめ!ドラマで歌った曲名は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
宮沢氷魚歌

『さよならマエストロ』で、宮沢氷魚さんの歌唱シーンがありました。

すると、宮沢氷魚さんの歌声がネットで話題に。

宮沢氷魚さんの歌声は、どのように評価されたのでしょうか?

また、劇中で歌った曲の曲名も気になります。

今回は、宮沢氷魚さんの歌の評判や歌唱曲の曲名について調査しました。

スポンサーリンク
目次
宮沢氷魚
https://www.oricon.co.jp/news/2310325/full/より引用

『さよならマエストロ』に出演している、宮沢氷魚さん。

第5話では、宮沢氷魚さん演じる大輝の歌唱シーンがありました。

放送終了後、宮沢氷魚さんの歌声が話題になっています。

宮沢氷魚さんの歌声の評判を調べてみると・・・。

宮沢氷魚さんの歌声の評判は高評価ばかりでした。

宮沢氷魚さんの歌に対して『上手い』という声が続々と上がっています。

歌唱曲が英語の曲だったため『英語も上手い!』という声も。

一方で『下手』という評判は、ほぼありませんでした。

宮沢氷魚さんの父親は、元THE BOOMのボーカルの宮沢和史さんです。

歌の上手さは、父親譲りなのかもしれませんね。

宮沢氷魚さん自身は、歌にあまり自身がないことが判明。

声の音域が狭く、高い声が出ないそうです。

宮沢氷魚さんの優しく包み込むような歌声が、個人的にすごく素敵だと感じました。

『さよならマエストロ』で、今後宮沢氷魚さんの歌唱シーンがあるのか情報はありません。

できれば、違う曲でも宮沢氷魚さんの歌を聴いてみたいですね!

ピアノ

『さよならマエストロ』の第5話で、宮沢氷魚さんは英語の曲を歌っていました。

ドラマで宮沢氷魚さんの歌った曲名を調べてみたところ・・・。

Look for the Silver Liningという曲名だと判明しました。

この曲は、チェット・ベイカーさんというアメリカのジャズミュージシャンの曲です。

実は、チェット・ベイカーさんもトランペットを吹けるそう。

宮沢氷魚さん演じる大輝と同じ楽器ですね!

この曲は、大輝が一番好きな曲と語っていました。
前向きになれるような素敵な曲です。

劇中、宮沢氷魚さんはこの曲を英語で歌っていました。

そのため宮沢氷魚さんの『英語が上手い!』という声も上がっています。

では、なぜ宮沢氷魚さんは英語が上手いのでしょうか?

調べた結果、宮沢氷魚さんは留学経験があることが判明しました。

また、幼稚園からインターナショナルスクールに通っていたそうです。

インターナショナルスクールでは、会話は全て英語でした。

その結果、宮沢氷魚さんの英語がペラペラに。

英語の実力がネイティブ並であることが分かりました。

劇中で、英語が上手だったのは、元々英語の実力が高かったからのようです。

歌が上手で、英語も喋れるなんて、宮沢氷魚さんはすごいですね!

宮沢氷魚さんの歌の評判や歌唱曲の曲名について調べました。

調査結果

  • 宮沢氷魚さんの歌は高評価
  • 曲名は『Look for the Silver Lining』

以上のことが分かりました。

宮沢氷魚さんの歌、とても上手でしたね。

また、英語曲もスラスラと歌えていてかっこよかったです。

今後、劇中で再び宮沢氷魚さんの歌唱シーンがあるかは分かっていません。

ぜひ、また宮沢氷魚さんの歌を聴いてみたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、まると申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次