マニサランヘの意味は?テオの予告の台詞が話題に【アイラブユー】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
マニサランヘ意味

『アイラブユー』の6話の予告が放送されました。

予告でテオが「マニサランヘ」と叫ぶシーンが流れ、話題になっています。

『マニサランヘ』とは、韓国語でどういう意味なのでしょうか?

愛してるの『サランヘ』とは、別の意味なのか気になります。

今回は、テオの台詞『マニサランヘ』の意味を調査してみました。

スポンサーリンク
目次
疑問

『アイラブユー』の6話の予告で、テオが叫んだ台詞が話題になっています。

その台詞とは「マニサランヘ」。

「マニサランヘ」とは、どんな意味の韓国語なのでしょうか?

マニサランヘとは、すごく(とっても)愛してるという意味です。

マニとは、「たくさん」「いっぱい」などの意味の韓国語。

ニュアンス的に『すごく』という意味合いでも使われます。

そして、サランヘは韓国語で『愛してる」という意味でしたね。

マニとサランヘという言葉を合わせた言葉が『マニサランヘ』です。

マニサランヘ』は愛してるよりも、もっと愛してるということ。

日本語に翻訳すると「すごく(とっても)愛してる」という意味になります。

6話の予告では、テオが「マニサランヘ~!」と叫んでいましたね。

この場面では、テオ以外の人物は見当たりませんでした。

「マニサランヘ」という台詞は、侑里に向けて叫んでいた言葉なのでしょうか?

叫んでいる場所は、1話の冒頭でも出てきた場所です。

「マニサランヘ』は、テオがここで誰に向かって言った言葉なのか・・・。

6話の放送が楽しみです!

アイラブユー
https://eiga.com/news/20231110/2/より引用

『アイラブユー』の5話終了後に6話の予告が流れました。

すると、早速テオの台詞がネットで話題になっています。

6話のテオの「マニサランヘ」を早く視聴したいという声がたくさん上がっていました。

5話では、テオの侑里の階段の胸キュンキスシーンから、花岡の切ない告白。

そして、ラストでテオと侑里の涙で終わるという辛い展開で終わりました。

それぞれの想いがすれ違う5話は、切ない回でしたね。

そんな中で放送された6話の予告で、テオの「マニサランヘ」という台詞。

この台詞から、テオと侑里が良い展開に進むのではないかと考察されています。

テオが侑里「マニサランヘ」と伝えているシーンだったら良いですね!

また、予告によると「アイラブユー」は6話で第1章が終わることが分かりました。

7話以降からは、第2章に進むということになりますね。

今後の『アイラブユー』で気になることは・・・。

  • 侑里が心を読めるようになった理由
  • 侑里の父と飯山教授の関係
  • 飯山教授が隠していること
  • 絵本を読むヌナの存在
  • 絵本の物語の内容

などが、個人的に気になっています。

第2章では、この辺の疑問点について解決していくのではないかと考察しました。

できれば、第1章でテオと侑里が結ばれる展開が見たいですね!

何か新しい情報が分かり次第追記させていただきます。

今回は、テオの台詞『マニサランヘ』の意味を調査しました。

マニサランヘとは、すごく(とっても)愛してるという意味の韓国語です。

予告では、テオが「マニサランヘ~!」と叫んでいました。

どういった状況で叫んだ言葉なのか、今から6話の放送が待ち遠しいですね。

5話は切ない展開で終わったので、6話は幸せな展開になって欲しいです。

何か新しい情報が分かり次第追記させていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、まると申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次