【ちゅらさん】和也の病気とは?最後はどうなるのか結末ネタバレ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
ちゅらさん和也病気

『ちゅらさん』で、和也は病気を患っています。

では、和也の病気とは一体何なのでしょうか。

また、和也は最後どうなってしまうのでしょう。

今回は、和也の病名や最後はどうなるのかについて結末のネタバレを調査しました。

スポンサーリンク
目次
疑問

『ちゅらさ』で、文也の兄である和也は病気を患っています。

では、和也の病気は一体何だったのでしょうか。

調べた結果、和也の病名は明らかにされていませんでした

放送を確認したところ、和也の病名については具体的な病名は公表されていません。

ネットでも、和也はどんな病気なのか話題になっています。

その後の放送も調べましたが、和也の病気を特定することは出来ませんでした。

現時点で、和也の病気について分かっていることは・・・。

和也の病気について

  • ずっと入院をしていた
  • 何軒も病院へ行ったが治療方法がない
  • 和也が死を覚悟していること

和也の病気について、放送から三つのことが明らかになっています。

和也の病気は、その時代の医学では治すことができない不治の病

おそらく、和也は難病と言われる病気を患っていた可能性が高いです。

長期に渡り入院をしていた為、恵理達に比べて和也の肌はとても白かったですね。

また、暑い中でも和也は長袖で過ごしていました。

第1話の終盤、和也たちは東京から沖縄へ。

和也の希望で、滞在期間を決めずに沖縄にやってきます。

島へ向かう舟の上で、和也が『僕はこの島で死ぬんだね』という台詞がありましたね。

和也は、小浜島で人生の最期の時を過ごそうと決意して来たようでした。

自分の人生があまり長くはないということを悟っていたのかもしれません・・・。

当時、和也はまだ中学1年生。

その年頃の子が、自身の死を覚悟して旅行へ来た気持ちを考えると辛いですね。

第2話で、和也が文也に対して忘れないで欲しいと伝えたシーンは号泣でした。

第1週は、そんな和也役を演じた遠藤雄弥さんの熱演からも目が離せません。

ちゅらさん
https://twitter.com/otokonokomoe2/status/1224689800034209792より引用

不治の病を抱えて、小浜島へやってきた和也。

本人は死を覚悟していましたが、和也は最期どうなるのでしょうか。

和也のその後について、結末のネタバレを調べてみた結果・・・。

和也は病気が原因で死んでしまうことが分かりました。

和也が亡くなった後も、死因となった病名については明らかにされていません。

小浜島で元気になる展開を期待していましたが、亡くなってしまいました・・・。

恵理と文也は、和也を忘れないために『和也の木』を植えます。

『和也の木』は、ちゅらさんの放送終了後観光名所の一つになりました。
2024年現在、『和也の木』は別の場所に植えられているそうです。

和也の死は、その後の恵理と文也の人生にも大きく影響しました。

生前、和也は恵理と文也の二人が結婚することを提案します。

恵理はこの言葉を忘れず、長い間ずっと文也に片思いをすることに。

また、文也は和也の死後東京へ戻ります。

文也は、和也が亡くなったことで将来医師』になることを決意

大人になり、その夢を叶えて文也は医者として働きます。

そして、働く病院で文也は看護士となった恵理と再会することに・・・。

和也は亡くなってしまいますが、時折恵理達の夢に姿を現します。

それほど和也は、恵理や文也にとって大きな存在だったようですね。

もし、和也が生きていたら恵理と文也はどうなっていたのでしょうか。

もしかしたら、物語は違う展開になっていたかもしれませんね。

物語の展開上、和也の死は免れることはできません。

しかし、出来る事なら病気が治って大人になった和也の姿も見たかったですね。

和也の病名や最後はどうなるのかについて結末のネタバレを調査しました。

調査結果

  • 和也の病名は明らかにされていない
  • 治療方法がないことから難病であったと考察
  • 和也は病気が原因で亡くなる

以上のことが分かりました。

和也の死んでしまう回は、涙なしでは見ることができません。

病気が治って、元気になる和也を見たかったですね。

和也の死は、恵理達の人生に大きな影響を与えることになります。

和也の死後、恵理達はどんな道へ進むのか。

今後も『ちゅらさん』の放送も楽しみですね。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、まると申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次