【アーヤと魔女】アーヤの父親はマンドレーク?正体は魔法使い説も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
アーヤと魔女アーヤの父親

『アーヤと魔女』の主人公、アーヤの父親は誰なのでしょうか?

一部では、マンドレークが父親なのではないかと言われています。

そもそも、マンドレークとは一体何者なのでしょうか?

マンドレークの正体についても気になる点があります。

今回は、アーヤの父親が誰なのかやマンドレークの正体について調査したいと思います。

スポンサーリンク
目次
アーヤと魔女
https://cinema.ne.jp/article/detail/47526より引用

『アーヤと魔女』の主人公、アーヤには父親がいませんでした。

では、アーヤの父親は誰なのでしょうか?

調べた結果、アーヤの父親については映画で明らかにされていません

また、原作でもアーヤの父親に関する記載はありませんでした。

そこで、アーヤの父親が誰なのか考察してみました。

アーヤの父親がマンドレークの可能性があると考察しました。

ネットでも、アーヤの父親がマンドレークなのではという声が上がっています。

アーヤの父親がマンドレークであるということは、原作にも映画にもありません。

そのため、マンドレークがアーヤの父親ではない可能性も考えられます。

しかし、マンドレークがアーヤの父親である可能性を考察できる理由が三つあります。

マンドレークがアーヤの父親と考察した理由

  • アーヤに優しい
  • アーヤの母親と恋人だった?
  • デーモン

以上、三つの理由からアーヤの父親がマンドレークである可能性を考察しました。

それぞれの考察理由について、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

アーヤに優しい

一つ目の理由として、マンドレークがアーヤに優しいことです。

マンドレークとアーヤの出会いは、アーヤが暮らしていた孤児院。

たくさんの子どもの中で、最終的にアーヤを選んだのはマンドレークでした。

マンドレークは、アーヤに何かを感じたのかもしれません。

マンドレークは、怒るとベラが恐れるほど手に負えない存在に。

アーヤに怒ったこともありますが、基本的にアーヤには優しい印象でした。

もしかしたら、アーヤが自分の子どもだから優しく接していたのかもしれません。

アーヤに接するマンドレークの姿から、アーヤの父親と考察しました。

アーヤの母親と恋人関係だった?

二つ目の理由は、マンドレークとアーヤの母親の関係です。

回想シーンから、アーヤの母親とマンドレークはとても親しそうに見えましたよね。

二人の仲は、バンド仲間以上の関係だった可能性があると考えました。

二人の様子から、アーヤの母親とマンドレークが恋人関係だった可能性を考察。

アーヤの母親の出演シーンで、マンドレーク以外に親しそうな男性はでてきていません。

そのため、アーヤの父親がマンドレークの可能性を考察しました。

デーモン

三つ目の理由は、アーヤは『デーモン』を操れるようになっていたことです。

物語終盤で、アーヤは魔法だけではなくデーモンも操っていました。

デーモンといえば、物語の中でマンドレークが操っています。

もし、アーヤが普通の人間だったらデーモンを操ることはできない可能性が高いです。

しかし、アーヤは見事に『デーモン』を操っていました。

おそらく、アーヤも魔法が使える側の立場であるのだと思います。

もし、マンドレークがアーヤの父親だったら遺伝した可能性があると考察しました。

マンドレーク
https://moviewalker.jp/news/article/1046573/image10434985/より引用

そもそも、マンドレークとは一体何者なのでしょうか?

マンドレークの正体を考察してみました。

考察した結果、マンドレークの正体が魔法使いである可能性があると思いました。

マンドレークの正体は、原作や映画でもハッキリとした表現はありません。

そのため、マンドレークの正体については明確な情報はありませんでした。

物語の中でマンドレークの職業は『小説家』として描かれています。

しかし、物語を見ているとマンドレークの正体がただの人間ではない可能性が高いと考えました。

マンドレークの正体の考察理由

  • 怒った時の身体的変化
  • デーモンを操っている

以上の理由から、マンドレークの正体が魔法使いの可能性を考察しました。

身体的変化

まず、怒った時のマンドレークの身体的変化です。

怒った時のマンドレークは、背が高くなり、頭からは角が生えて火花が飛び散っていました

ただの人間だった場合、身体にこんな変化は起こりません。

これは、マンドレークの正体が人間ではないことを表していると考察しました。

デーモンを操っている

また、マンドレークは『デーモン』を操っていました。

デーモンは、マンドレーク本人が操っている様子が見られます。

普通の人間では、デーモンを操ることはできませんよね。

個人的に、魔女であるベラがマンドレークを恐れていることも気になりました。

怒ったマンドレークは、魔女のベラでさえも手の付けられない存在なのだと考えられます。

以上のことから、マンドレークは魔女であるベラよりも強い存在であると考察。

その結果、マンドレークの正体は『魔法使い』なのではないかと考えました。

もしマンドレークの正体が本当に魔法使いなら、ベラの恐れる様子から魔力がベラよりも高い可能性もありますね。

今回は、アーヤの父親が誰なのかやマンドレークの正体について調査しました。

調査結果

  • アーヤの父親に関する情報は、明らかになっていない
  • マンドレークが、アーヤの父親の可能性もある
  • マンドレークの正体は、魔法使いである可能性も

アーヤの父親がマンドレークという情報は、原作にも映画にもありませんでした。

そのため、アーヤの父親について原作者以外は知ることができません。

しかし、残念ながら原作者は、2024年現在死去されています。

そのため、アーヤの父親については分からないままです。

また、マンドレークの正体についても明確には明らかにされていませんでした。

しかし、マンドレークの様子から魔法使いである可能性を考察しました。

アーヤの父親やマンドレークの正体について、何か分かり次第追記させていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、まると申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次